HOME» 話題のレシピ»

モーニングバード 鮭のムニエル 片岡宏之 レシピ 7月9日 プロ技キッチン

モーニングバードのプロ技キッチンで7月9日に紹介していた「鮭のムニエル」のレシピ&作り方です。
片岡宏之さんが教えてくれました。

 鮭の料理への使い分け方

「紅鮭」塩焼きがおススメ(脂肪は少ないが味に深みがある)
「白鮭」鍋料理がおススメ(脂が少なく、味もあっさり)
「銀鮭」刺身がおススメ(程よく脂がのっていて、甘みがある)
「サーモン」ムニエル・ソテーがおススメ(脂や甘みが最も多い)

 鮭のムニエルのポイント

片岡家の家訓として「バターはソースに使ってムニエルを美味しく。
ムニエルに適した鮭は「サーモン」

 鮭、ムニエルの人気レシピ

ネットで人気の簡単鮭・サーモンレシピ
ネットで人気の簡単ムニエルレシピ

 鮭のムニエル レシピ

材料 2人分
鮭の切り身(サーモン)…2切れ
マイタケ…1/2パック
シメジ…1/2パック
エリンギ…1/2パック
塩…適量
コショウ…適量
小麦粉…適量
バター(無塩)…30g
パセリのみじん切り…小さじ1
オリーブオイル…大さじ3
作り方
1.鮭の切り身全体に塩・コショウ(どちらも少々)をふり、小麦粉をまぶす。
※小麦粉は、切り身全体に付けた後、身の色合いが確認できる程度の薄さになるまでしっかりはたいて落としてください。
2.オリーブオイル(大さじ2)をフライパンで熱し、鮭を皮目から焼く(弱火で約4分)。
※1分ほど焼くと皮が縮んで身が浮いてきますので、フライパンにギュッと押し付けて、皮全体をしっかり焼いて下さい。
3.皮目全体に焼き色がつき、身の1/3まで色が変わったらひっくり返し、全体に火が通るまで焼く(弱火で約4分)。焼き終わったら盛り付け用の皿にのせる。
4.マイタケとシメジは石づきを取ってほぐし、エリンギは一口大に切る。
※キノコ類は水で洗うと風味が落ちてしまうので、軽くふくか、ホコリを落とす程度で使ってください。
5.オリーブオイル(大さじ2)をフライパンで熱し、キノコに塩・コショウ(どちらも少々)をふって焼く(強火で2分)。前半1分間はキノコには絶対に触らず、1分過ぎたら1つ1つひっくり返し、全体に焼き目を付けていく。
※キノコというのは、少し焼き色をつけることで香ばしさが出て、本来の風味が出て来るそうです。
※鮭を焼いたフライパンをキッチンペーパーなどで拭けば、1つのフライパンでソースも一緒に作れます。
6.炒めたキノコにマイボトルを加えて煮詰める(強火で3分)。とろみが出るまで煮詰めたら、最後にバターを加えて溶かす。
7.煮詰め終わったキノコのソースを、皿に盛り付けてある鮭にかけ、みじん切りにしたパセリを散らせば出来上がり。
今週のマイボトル
材料 2人分)
しょう油…大さじ2
みりん…大さじ2
酒…大さじ2
砂糖…小さじ1/2
トマトジュース…90cc
レモン汁…小さじ1
作り方
すべての材料を混ぜ合わせたら出来上がり。

モーニングバード プロ技キッチン レシピ まとめ


スポンサードリンク