HOME» 話題のレシピ»

あさイチ 9月16日 レシピ モロヘイヤのとろとろ丼

あさイチの夢の3シェフ競演 夏の疲れ解消ごはんで9月16日に紹介していた「モロヘイヤのとろとろ丼」レシピ&作り方です。
日本料理・中嶋貞治(新宿割烹 中嶋 店主)さんが教えてくれました。
胃腸が疲れたときにぴったりのモロヘイヤを使った丼のレシピです。
胃の粘膜をやさしく保護してくれるネバネバのムチンが豊富なオクラや長芋などの食材を使ったレシピです。

 モロヘイヤのとろとろ丼 レシピ

材料 2人分
モロヘイヤ・・・2分の1ワ
オクラ・・・2本
長芋・・・100グラム
たらこ(生食用)・・・20グラム
しょうゆ・・・大さじ2分の1
だし・・・大さじ2
黄身のしょうゆ漬け
卵・・・2コ
しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・小さじ1

ごはん・・・適量
作り方
黄身のしょうゆ漬け
1.卵を器に出し、卵黄を手ですくい指の間で卵白を切る。これを別の小さな器に移し、箸でカラザを取る。
2.(1)の卵黄の入った器にしょうゆ・みりんを入れる。
※これで出来れば冷蔵庫で1晩から1日、最低でも4時間は漬ける。

1.モロヘイヤの葉を摘む。
※軸の部分は口に残るので葉だけを使う。
2.オクラは、ガクの部分を包丁で削るように取る。
※ガクを切り落としてゆでると水っぽくなってしまう。
3.湯を沸かし、モロヘイヤとオクラを入れて30秒ほどゆでて、水にさらしてザルに上げ、水けを拭く。
4.(3)のモロヘイヤはみじん切り、オクラは粗いみじん切りにしてボウルへ入れる。
5.長芋は皮をむき、酢水にさっとくぐらせてから厚手のポリ袋へ入れる。
麺棒でたたいてつぶし、ボウルへ入れる。
6.ボウルに、たらこ・しょうゆ・だしを入れて混ぜる。
7.丼にごはんと(6)のととろを盛る。
8.中心に黄身のしょうゆ漬けをのせる。

 あさイチで9/16に紹介したレシピ

イタリアンマーボー丼
きのこたっぷり汁そば
モロヘイヤのとろとろ丼
ぬかのしんじょ風
ぬかクッキー
鶏むね肉のごま酢和え
たっぷり野菜の豆乳スープ

 あさイチで紹介したしょうが焼きレシピ

究極のしょうが焼き
ケチャップ入りしょうが焼き
せん切りを使ったみそしょうが焼き
ダブルしょうがのしょうが焼き
漬け込みしょうが焼き

 あさイチで紹介したレモンレシピ

レモン塩
クイックレモン塩
レモン塩でシンガポールチキンライス
レモン香る かきたま汁

レモン塩
さらさらレモン塩
レモン塩バター
レモン塩マヨネーズ

レモン胡椒
レモン胡椒を使ったやきとり
レモン胡椒を使ったれんこんのきんぴら風

レモン胡椒のトマトだしそうめん
揚げなすのレモン風味
レモンリゾット

塩レモンを使ったレシピ


スポンサードリンク