HOME» 未分類»

たけしの家庭の医学 3月24日 奥薗壽子 パプリカと肉だんごのトマトスープ レシピ 

たけし健康エンターテインメント みんなの家庭の医学「身体を老けさせない食べ物が判明!名医が認めた5大栄養素SP」で3月24日に紹介していた免疫力アップ料理「パプリカと肉だんごのトマトスープ」レシピ&作り方です。
奥薗壽子さんが教えてくれました。
活性酵素を減らし免疫力を高めるビタミンC温存料理です。

 パプリカと肉だんごのトマトスープのポイント

パプリカは手でちぎることで断面がぎざぎざになって、火の通りが早くなる。
パプリカそのものがビタミンC温存食材で、皮が厚いので加熱してもビタミンCの損失が少ない。
スープにして煮汁に溶け込んだビタミンCをいっしょにとれる。

 パプリカと肉だんごのトマトスープ レシピ

材料 2人分
A オリーブオイル 大1、ニンニク(粗みじん切り) 1かけ
B 赤パプリカ(一口大にちぎる) 2個、ケチャップ 大2、トマト(ざく切り) 1個
C 水 400cc、昆布(1×10センチのもの) 1枚
D タマネギ(みじん切り) 1/2個、塩 小1/4、片栗粉 大1、鶏ひき肉 150g、こしょう 少々
醤油 大1
パセリ、粉チーズなど お好みで
作り方
1.赤パプリカは手でちぎる。
トマトはざく切り、たまねぎはみじん切りにする。
2.Aを鍋に入れて火にかけ、いい香りがしたらBのパプリカをさっと炒めてケチャップを入れる。
ケチャップの水分が飛んだらトマトを入れいため合わせ、Cを入れたらふたをして煮る。
3.ポリ袋にタマネギ、塩、片栗粉、豚ひき肉、こしょうを入れて混ぜる。
4.ポリ袋の角を切り、しぼりだした肉だんごを鍋に入れたら、混ぜずにそのままふたをして煮る。
最後に醤油で味をととのえ、器に盛りつけたら好みでパセリと粉チーズをかける。

 みんなの家庭の医学で紹介した奥薗壽子さんのレシピ

ぶりと小松菜の煮びたし
いわしと厚揚げのつくねの常備菜
さば缶カレーそぼろの常備菜
トマトキムチ鍋 減塩鍋レシピ
ふわふわ鶏団子の豆乳鍋 減塩鍋レシピ
鶏とキノコのちゃんこ鍋 減塩鍋レシピ
小松菜のクリームスパゲティ  尿酸値対策レシピ
レンコンのお好み焼き 尿酸値対策レシピ
大根おろしすいとん 尿酸値対策レシピ
白菜のポン酢あんかけ丼 尿酸値対策レシピ
豚汁うどん 尿酸値対策レシピ
トマトじゃじゃ麺 尿酸値対策レシピ
かぼちゃのドリア 尿酸値対策レシピ
納豆とオクラの焼き春巻き
トウモロコシの発酵パンケーキ
酒かすキムチ煮
鶏胸肉のくるみ焼き
カツオの中華風刺身サラダ
くるみそぼろのレタス包み
くるみ釜玉うどん
豚肉と菜の花のくるみ和え
じゃことくるみのふりかけ
くるみ味噌おでん


スポンサードリンク