HOME» 話題のレシピ»

世界一受けたい授業 7月26日 調味料レシピ 塩レモン/ハニーマスタードソース/簡単キムチ風浅漬けなど

世界一受けたい授業で「残って困るあの調味料驚きの使い方マル秘技」を7月26日に紹介していました女子栄養大学講師白野浩子先生が教えてくれました。
塩レモンの使い方や粒マスタードを使って作る「ハニーマスタードソース」や豆板醤を使って作る「簡単キムチ風浅漬け」など他にも残って困る調味料の活用術です。

世界一受けたい授業 レシピ 一覧

きんぴらごぼう+バルサミコ酢
※甘酸っぱさとコクがアップして、さっぱり味になる。

バニラアイス+お酢
※ヨーグルト風アイスになってヘルシーになる。
お酢には、疲労の軽減や食欲増進の働きがある。
夏バテ気味の人にオススメ。

ホットココア+黒コショウ3ふり
※甘みと香りが引き立ちスパイシーココアになる。

しょうゆの実
※いま注目の調味料。
醤油を作る過程でできる大豆や小麦などを発酵させたもの。

知っとこ、TBS、MBS、発酵食品、地調味料、ごはんに合う食べる醤油とテレビ・雑誌で話題沸騰中…

主婦100人に聞いた!余ってしまう調味料TOP10と余らせない活用術

第10位 スイートチリソース
※ちくわやかまぼこなど、魚のすり身につけて食べる。

第9位 めんつゆ
※卵の黄身をめんつゆにひたして冷蔵庫で1日おくとうま味成分のダシが黄身にしみこむ。
※次の日には食べる。

第8位 ラー油
※脂の少ない白身魚の刺身につけて食べるのがオススメ。
韓国風刺身に。

第7位 ウスターソース
※肉じゃがの醤油の代わりに使うと洋風肉じゃがになる。

第6位 粉チーズ
※白いゴハンにたっぷりまぶし、その上に赤じそなどをふりかけて混ぜる。
お手軽リゾットになる。

第5位 オイスターソース
※ハンバーグの肉だねに隠し味として加える。
オイスターソースのグルタミン酸は肉のうま味を引き出してくれる。

第4位 ゆずこしょう
※マヨネーズと合わせて新感覚ソースに。
マヨネーズとゆずこしょうを3:1で。

第3位 粒マスタード
※ハチミツ(大さじ1/2)粒マスタード(大さじ1)みじん切りにしたタマネギ(1/10個)牛乳(大さじ1/2)
よく混ぜて「ハニーマスタードソース」になる。
から揚げ、肉料理など油の多い料理に組み合わせるのがオススメ

第2位 コチュジャン
第1位 豆板醤
※みそ汁や納豆に入れる。
※簡単キムチ風浅漬け
ジッパーつきの袋に食べやすい大きさに切ったきゅうり1本、朝漬けの素小さじ1、豆板醤小さじ2を入れてよくもみこみ、密封して15分冷蔵庫においておく。

塩レモン
※カットレモンを塩と一緒に密閉びんに入れて1週間から2ヶ月つけておく。
レモンのクエン酸が夏バテ予防や疲労回復に効果がある。
※塩レモンをたこやきにかけたり、牛丼のしょうゆのかわりに塩レモンを使って作る。
塩レモンの作り方
材料
レモン5個
塩(粗塩)大さじ5~7
蓋付きの保存用瓶750mL 口が大きい物
作り方
1.レモンはしっかりと表面を洗う
2.瓶は熱湯で消毒
3.5mm幅の輪切りにする。
※乱切り(10等分)でも可
4.容器の一番底に塩をいれ、塩→レモン→塩→レモンと交互にいれ、最後に塩をふる
※隙間なくレモンを入れてください。
5.なるべく空間ができないよう、小さめの容器などでしっかりと押し込む
6.1週間から2か月ほど漬ける(※お好みで)
※冷蔵庫に保管し、1日1回瓶を振って塩を全体に行き渡るようにしてください。

※ナンプラーは、うま味成分が豊富なので炒め物の仕上げに垂らすとコクがアップする。

 めざましテレビで紹介した塩レモンレシピ

塩レモン
塩レモンホイル焼き
塩レモンサラダ
塩レモンチャーハン

 いっぷくで紹介した塩レモンレシピ

塩レモン
鮭の塩レモンホイル焼き
トマトとアボカドの塩レモンサラダ
鶏むね肉の塩レモンソテーごはん

 はなまるマーケットで紹介したレモンソルト

レモンソルト
カリカリチキンソテー レモンソルト風味
サーモンと野菜のレモンソルト蒸し
鶏つくねてクレソンのレモンソルト鍋

レモンレシピランキング

 

世界一受けたい授業で紹介したほかのレシピ

最強チャーハンの作り方
サクサクの天ぷらの作り方
冷凍調理法・冷凍マジック
卵ご飯でサクサクの唐揚げ
マヨネーズを入れてフワフワ玉子焼き
冷めてもパリパリのウインナー
ゼラチン入れてジューシーハンバーグ
冷めてもシャキシャキ野菜炒め
三ツ星焼き鮭
大根の細切りサラダ
ステーキのタレの作り方
フレンチお茶漬け
ユッケ風コンビーフ
大福アイス
スイートポテト
クリームチーズ
チキンナゲット&マスタードソース


スポンサードリンク