HOME» 話題のレシピ»

レシピの女王 8月18日 ヒルナンデス レシピ そうめん  トマ?(友)彦さん、ありがとう

ヒルナンデスのレシピの女王シーズン4で8月18日に紹介していた「トマ?(友)彦さん、ありがとう」レシピ&作り方です。
寺居裕香さんが教えてくれました。
トマトソースがポイントのそうめん料理のレシピです。

 トマ?(友)彦さん、ありがとう レシピ

材料 3人分
そうめん(3束・150g)
トマトソース
トマト(400g)
塩(10g)
砂糖(5g)
めんつゆ(仕上がったトマトソース、100gに対して10g加えて下さい)
付け合わせ 

玉ねぎ(50g)
小麦粉(10g)
揚げ油(玉ねぎがつかるくらい)
塩(ひとつまみ)

卵(3個)
水(500g)
酢(30g)

ツナ(70g)
すりごま(3g)

トマト(100g)
黄パプリカ(50g)
きゅうり(50g)
塩(ひとつまみ)

ごま油(1g)
作り方
1.湯を2つわかします。ひとつは付け合わせ〈B〉の水500gと酢30gの湯、もう1つは野菜の湯むき用の湯です。
2.付け合わせ<B>の湯は、いったん沸かして弱火にし、静かな湯にします。ザルに生卵を割り入れて、余分な白身を取り除き、静かに湯の中にいれます。鍋底にくっつくので、スプーンでやさしく鍋底から外し、火が通るまで置いておきます。(この作業は、卵を割り入れて、すぐにおこなってください。)これで、ポーチドエッグができます。玉子がお好みの硬さになったら、氷水に落として冷やしておきます。(市販の温泉卵でも大丈夫です)
3.もう一方の湯で黄パプリカの種を取り除き、身が柔らかく、皮がむけるようになるまで火を入れ、あげて、温かいうちに皮をむきます。とても熱いので気をつけて下さい。(皮が気にならない方はそのままでも大丈夫です)トマトは沸いた状態で10秒ほど湯にくぐらせ、すぐに氷水に落として皮をむいて下さい。
4.(3)のトマトは横半分に包丁を入れ、種を取り除き、100gぐらいは付け合わせ<D>で使用するので残しておき、残りはあらく切ってトマトソース用とします。
5. 鍋にトマトソース用のトマトを入れて塩を入れ、水分が出るまでゆすったり、混ぜたりして焦がさないようにして下さい。ある程度してくると、トマトから水分が出て、あくが出でくるので取り除き、トマトの甘みが足りなければ、砂糖で調整してください。
6.(5)の味がある程度ととのったらミキサーにかけ、ザルをかまし、取りきれなかった種をこします。すぐに氷にかませて冷やして下さい。冷めたらめんつゆを入れソースの出来上がりです。
7.べビーリーフを水にさらしておきます。しゃきっとしたら水気を切り、付け合わせ<E>とします。
8.(3)の黄パプリカ、(4)で残したトマト、きゅうりは、1センチぐらいのサイコロ切りとし、きゅうりにだけはあらかじめ塩を少しふっておき、味を入れておきます。きゅうりに味が入ったら、3種をごま油、塩で味を調え、付け合わせ<D>とします。
9.ツナは油が多ければ少し捨て、すりゴマと合わせておき、付け合わせ<C>とします。
10.(2)のポーチドエッグを氷水からあげ、(たいへん割れやすいので注意です)付け合わせ<B>とします。
11.玉ねぎをスライスし、キッチンペーパーで水気を切り(この作業をしないと揚げたとき、真っ黒になってしまいます)ボウルにうつして小麦粉をまぶし、ひたひたの揚げ油で揚げていきます。弱い油でじっくり色がつくまで揚げていき、揚がったら塩をして、付け合わせ<A>とします。
12.そうめんをゆででいきます。湯に塩をいれて、規定通りに書かれた時間でゆで、氷水でしっかり洗い、(6)のトマトソースに入れてなじませます。
13.お皿に盛りつけます。今回は上から、付け合わせ<A~D>で盛りつけ、そうめん、付け合わせ<E>で盛りつけました。
※オーブン、電子レンジ、グリルなどの加熱時間は種類やワット数など、そのほか様々な条件によって異なりますので、ご使用のものの取り扱い説明書を必ず参考にしてください。また取り出す際には熱いので十分注意してください。

ヒルナンデス レシピの女王 シーズン4 レシピ 一覧
ヒルナンデス レシピ 一覧


スポンサードリンク