HOME» 話題のレシピ»

モーニングバード 鶏団子のさつま汁 柳原尚之 レシピ 1月7日 プロ技キッチン

モーニングバードのプロ技キッチンで1月7日に紹介していた「鶏団子のさつま汁」のレシピ&作り方です。
柳原尚之さんが教えてくれました。

ナイル善己さんの豚バラカレーのレシピはこちら

 お味噌汁、鶏ひき肉の人気レシピ

ネットで人気の簡単お味噌汁レシピ
ネットで人気の簡単鶏ひき肉レシピ

クックパッド 実際作って美味しかった♪リピしてるレシピ♪

 鶏団子のさつま汁 レシピ

材料 2~3人分
鶏団子の具
鶏ひき肉・・・150g
山芋のすりおろし・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/5
粉山椒・・・小さじ1/3
水・・・大さじ1
他の具
サトイモ・・・2個
ダイコン・・・1/10本(100g)
ゴボウ・・・1/4本
ニンジン・・・1/4本(80g)
コンニャク・・・1/4枚
調味料
ゴマ油・・・大さじ2
味噌・・・40g
みりん・・・大さじ1
盛り付け用
アサツキ(小口切り)・・・適量
七味唐辛子・・・適量
作り方
1.鶏団子のタネを作る
※ボウルに鶏ひき肉を入れて、粘りが出るまでよく練る
※鶏ひき肉に山芋のすりおろしを加え練る。山芋だけを先に練ることで、食感のバラつきを抑える事ができる
※塩・粉山椒を混ぜたら、水を加え練り、タネを少しゆるめに仕上げる
2.具材の下準備をする
サトイモ→皮をむいて、塩もみし、水で洗って乱切り
ダイコン→皮をむいて、6~7mm厚のいちょう切り
ゴボウ→皮をこそげてささがきにし、水に浸けてアクを抜く
ニンジン→皮をむいて半月切り
コンニャク→スプーンでちぎって、さっと茹でてアクを抜く
3.ゴマ油を熱した鍋で、具材を炒める (強火)
※火の通りにくい順に炒める(サトイモ→ダイコン→ゴボウ→ニンジン→コンニャク)
※最初にサトイモを炒め、里芋の角に透明感が出てきたら、ダイコンを加える
具材全体に油がまわったら、次の具材というように、1つずつ順番に炒めていく
4.具材を炒めた鍋にマイボトル(だし)を加え、10分煮る
※ダシが沸くまで強火で、沸いたら中火にする
※途中、アクが出たら取る
※サトイモに、竹串がすっと通るくらいまで煮る
5.鶏団子のタネを一口大の団子状に丸めて加え、煮る
※片手でタネをつかむ→親指と人差し指で円を作る→力を込めてひき肉を絞り出す
6.味噌を溶き入れ、煮る(中火・5分)
※軽く煮立つくらいの火力で煮る
7.仕上げにみりんを加える
※椀に盛り付け、小口切りにしたアサツキ・七味唐辛子をふったら完成

今週のマイボトル(柳原家の黄金比率だしの作り方)

材料 作りやすい分量
昆布・・・1枚(約20cm)
カツオ節・・・16g
水・・・1200cc
※昆布は、だし用のものを使って下さい。厚めの物の方が、だしが取りやすいそうです
※カツオ節は、カツオ100%のものを使って下さい
作り方
1.鍋に水と、さっと洗った昆布を入れて中火にかけ、鍋からフツフツと泡が出てきたら、昆布を取り出す
※昆布は湯の温度が高くなるとヌメリや色が出るので、その前に取り出します
2.昆布を取り出したら強火にして沸騰させる
3.鍋が沸騰したら火を止め、カツオ節を入れ、静かに沈め1分おく
※カツオ節を、イジリすぎると雑味や臭みが出るため、静かに沈める
4.布巾を広げたザルの下にボウルをあてて、こす
※最後に布巾の四方を持ち、菜箸で押さえるようにしてしぼる

モーニングバード プロ技キッチン レシピ まとめ

味噌汁レシピランキング

 


スポンサードリンク